UAEについて - アジュマン首長国 | 日本アラブ首長国連邦協会

UAEについて

HOME / UAEについて / アジュマン首長国

アジュマン首長国

アジュマン博物館
Trabantos/Shutterstock.com

アジュマン市街地風景
Kiev.Victor/Shutterstock.com


アジュマン首長国は、UAE7カ国の中では、面積が最も小さいのですが、狭い割には人口が多く、人口密度は最も高くなっています。

この国には、南東部オマーン国境近くと、東部フジャイラ首長国に囲まれた地域の2カ所に飛び地を有しています。

この国の人達は、古くから漁業と真珠の採取を生業としてきました。しかし、国の経済の大きな柱であった真珠採取業は、アブダビの場合と同様、1920年代に日本の養殖真珠の発展により、大打撃をこうむりました。しかし、その後も漁業とダウ船の造船業は途絶えることなく、日本と協力して建設された造船所もあります。

また、アジュマン港に繋がれたダウ船や、砂浜に無造作に置かれた針金製の魚網(ガルグール)は、古き時代の湾岸風景をほうふつとさせてくれます。


アジュマン首長国基礎データ

人口 約50万人(2017 Census)
面積 259km2
首長 シェイク・フマイド・ビン・ラーシド・アル・ヌアイミー

アジュマン政府行政機構

このページのTOPへ