UAEについて

HOME / UAEについて

アラブ首長国連邦


アラブ首長国連邦(UAE)は、アラビア半島の東南端、アラビア湾の出口と一部オマーン湾に面し、アブダビ、ドバイ、シャルジャ、ラス・アル・ハイマ、フジャイラ、アジュマン、ウンム・アル・カイワインの7つの首長国により構成される連邦国家です。国土の大部分は砂漠地帯ですが、アブダビ首長国の東部アル・アイン地方などはオアシスに恵まれ、肥沃な土壌をもっています。気候は海岸部分で高温多湿、内陸部は乾燥地帯です。

16世紀初頭、ポルトガルが当地に進出、以後、オランダ、フランスも進出しましたが、18世紀半ばより進出したイギリスが、この地域を支配しました。その後、イギリスは、各首長国と紛争関係に入りましたが、19世紀半ばには休戦条約を結び、19世紀末に、各首長国は、イギリスの保護領となりました。1968年、イギリスはスエズ以東の軍事的撤退を宣言、これを契機に各首長国に連邦結成の気運が高まり、1971年12月2日、6首長国により(ラス・アル・ハイマは翌年参加)連邦国家として独立しました。

元々、遊牧と小規模農漁業、真珠採取などで生計を立てていたこの地域は、1950年代に石油が発見されて以来、急速に変貌を遂げました。油田開発によって急激な経済成長を遂げ、現在では1人当たりのGDPは日本と肩を並べ、中東・アフリカ地域ではカタールに次いで第2位を占めています。UAEの最高決定機関は7首長国の首長で構成する連邦最高評議会であり、大統領は7首長から互選されることとなっていますが、建国以来アブダビ首長が大統領、ドバイ首長が副大統領兼首相に就任しています。UAE原油の大部分を産出するアブダビと、貿易、観光及び金融に力を入れているドバイの2首長国が、政治・経済・軍事の面で主導権を握っているといえます。


UAE基礎データ

人口 986万人(2016年推定-IMF, World Economic Outlook)
面積 83,600km2(島嶼部を除く面積 77,700km2
首都 アブダビ市
通貨 ディルハム(DH)(1US$=3.6725DH)
言語 アラビア語
宗教 イスラム教
政体 7首長国による連邦制
元首 カリーファ大統領(アブダビ首長)
議会 連邦国民評議会(議席数40、任期4年)
議員の半数は選挙人の投票で選出
残り半数は各首長国の首長による任命
首相 ムハンマド副大統領兼国防相(ドバイ首長)
GDP 3,487億USドル(2016年-IMF, World Economic Outlook)
消費者物価上昇率 1.77% (2016年-IMF, World Economic Outlook)
対日貿易額 輸出 1兆8,802億円
輸入 8,684億円(2016年-財務省貿易統計)
在留邦人数 3,846人(2016年10月1日現在、外務省海外在留邦人数調査統計)

連邦政府の機関と閣僚

このページのTOPへ